イベントLONDON

チーズとパンのマリアージュBy Culture & Culture & Himemama LONDON

イギリスで、チーズ講座、テイスティングイベント等を定期的に開催し、UKのチーズ資格認証機関、Academy of Cheese のトレーニングパートナーでもある Culture & Cultureのマティス可奈子さんと、Himemama Londonスタッフでパン教室を主宰している林眞帆さんとのコラボセッション。

ヨーロッパでは1つの文化であるチーズ。数千年もの歴史を持ち、人類が生活の知恵として初めて生み出した加工食品とも言われています。

ヨーロッパで生活し始めてみると、チーズがいかに人々の生活に根付いているかを実感します。せっかくのイギリス生活。チーズについてちょっと知識を深め、忙しい日常の中での、ふとした楽しみ、幸せをみつけてみませんか?

チーズとは切っても切り離せない仲といえば、パン。一言で「パン」といっても、実に色々なパンがあります。実はチーズに合わせるパンの風味や食感の違いで、チーズの味わいは大きく変わるんです。

今回はイギリスチーズ数種類と、眞帆さん手作りのパン数種類を色々と組み合わせながら、ヨーロッパの食文化の根底にあるチーズとパンのマリアージュの世界を楽しみませんか。

【定員】8名(お子様連れも可能です)
【日時】2018年6月2日(土)10:00~12:00
【場所】Acton地区 
※個人宅での開催となりますので、詳細はお申込みいただいた方のみご連絡いたします。
※ロンドン補習校アクトン校舎から徒歩5分の場所ですので、補習校に通われているお子様がいる方は、送迎の間にご参加いただけます。
【講師】マティス可奈子&林眞帆
【参加費】30£(試食チーズ、パン込み)
※会費は当日会場にて現金でお支払いいただきます。
【持ち物】筆記用具、タッパー(お持ち帰りのチーズとパンを入れるため)、スリッパ(必要な方)

マティス可奈子

・Academy of Cheese認定トレーニングパートナー
・CPA (Cheese Professional Association, Japan) 認定チーズプロフェッショナル
・World Cheese Awards 2017 審査員
・Culture & Cultureを創設。チーズ講座、セミナー、チーズ関連イベント等を主宰
・MA in Applied Translation Studies from University of Leeds

「チーズでヨーロッパ生活をさらに楽しく!」をコンセプトにチーズを通して食の豊かさ、食文化の奥深さ、四季それぞれの旬を楽しむ時間を提案します。
数千年もの昔に人の知恵によって自然発生的に造られたとも偶然発見されたとも言われているチーズ。時代の流れ、自然環境、社会背景と共に進化し続けるチーズのひとつひとつには、それぞれの歴史、文化、楽しみ方があります。チーズに目を向けると、何気ないヨーロッパの日常の中で、ふとした楽しみ、幸せが増えていきます。そんな瞬間をより多くの人と共有したいという思いを込めてCulture & Culture を立ち上げました。
Culture & Culture https://cultureandculture.com/japanese/

林眞帆
・ABC クッキングスタジオ ブレッドライセンス
・祐成葉子 cooking art seminar フードコーディネータ資格

社会人になってから仕事の合間に始めたパン作り。楽しく、いつの間にか料理教室の講師資格を取得し、天然酵母のパン教室でのアシスタントや友人のパン屋さんでのお手伝いをした経験を持つ。夫の駐在に伴い仕事を辞めて渡英し、何かやりたいと思っていた時、友人からのパン教えて!という声に背中を押されて、自宅でパン教室を始める。
パン作りというとハードルが高いイメージがありますが、気軽に楽しく、そして、イギリスにいても美味しく作れることを大切にしています。

内容
チーズの世界へようこそ!
⦁ヨーロッパのチーズって?どんな種類があるの?
⦁チーズの風味と食感、他の食材との食べ合わせ
⦁今日の試食チーズはどんなもの?
パンの紹介
⦁本日のパンの紹介
⦁パンの風味と食感について
合わせてみよう
⦁どちらかがどちらかを引き立てる?
⦁互いに魅力を引き出しあう相乗効果でとても素敵なマリアージュ?
⦁互いの風味、食感がぶつかり合ってしまう?合わせる意味なし?
⦁なぜ、素敵なマリアージュ?

◆◆キャンセル規定◆◆
なるべく多くの方にご参加頂きたいので、ご参加できなくなった場合はお早目にご連絡ください。
(自動返信メール内にロンドン支部のメールアドレスを記載しております。)
※運営には充分の注意を払って開催いたしますが、万が一の事故等には、責任を追いかねますので予めご了承ください。