HImemama LONDONイベントリポート

イベントリポート|自分に似合う`を知る!ファッション講座&骨格スタイル診断

2019年6月4日(火)
`自分に似合う`を知る!ファッション講座&骨格スタイル診断を開催しました。

自分の骨格スタイルを知って「似合う」服、つまりスタイルが良く見える服を知り、よりファッションを楽しんでいこうという今回の企画。
講師には骨格スタイル・アドバイザーの湯原理恵さんをお招きしました。

同じような身長体重なのに、あの人には似合っていても私にはなんだか似合わない、、そんな経験はありませんか?実はそのナゾ、答えは骨格にあるそうなんです。

骨格を中心とした筋肉、関節、肌の質感は一人一人ちがうため、同じような体型でも似合うファッションアイテムは異なるのだそうです。参加者の中にも、「こういう服が似合うはずと自分なりの考えがあるけれど、どうも着てみると似合わない服がある。今日その理由がわかりました。」とおっしゃってくださった方もいらっしゃいました。

今回は参加者おひとりずつ、理恵さんより直々にどの骨格スタイルにあてはまるかの診断をしていただきました。最近では骨格スタイル診断についてファッション雑誌等で広まりつつあり、インターネットでの無料診断などもあるそうなのですが、実際にアドバイザーが触れて診断しないと正確な診断はできないそうです。

ほかの方が診断している間、ファッション誌から自分好みのスタイルを選ぶワークショップを行いました。その後、選んだコーディネイトをよりスタイル良く見せるために、理恵さんが個別に具体的なアドバイスをされていました。

体重変動や妊娠で体型が変わっても、この骨格スタイルが変わることはないそうです。一度診断を受けて自分のスタイルがわかったら、一生ものの財産になりそうですね。

たまに、好みの服のスタイルと自分の骨格スタイルが全く別で、肩を落とされる方もいるようなのですが、落ち込む必要はないそうです!
例えば、Iラインのまっすぐシルエットスカートが似合うタイプの方がふわっとしたAラインスカートを履きたい場合、素材をハリのあるコットンにするだけで似合うスタイルになるのだそう。
着たい服があるけれど上手く着こなせない、という経験がある方も多いかと思います。そんな時は自分の骨格スタイルに似合う素材、デザインを選ぶなどの工夫で、自分に似合うスタイルを作りあげることができるんですね。

自分にあてはまるタイプの服しか着てはいけないということではなく、着たいアイテムを自分に似合わせるにはどうすればよいか、のヒントをたくさんもらえる内容たっぷりの講座でした。

講座終了後、理恵さんお手製のサンドイッチやスイーツをいただきながら、参加者全員で軽食会を楽しみました。ファッションに関する疑問、具体的なファッションアイテムの相談にも親身に答えていただき、和気あいあいととても楽しい時間を過ごすことができました。

私自身この講座をきっかけに、あまり着ないしなんとなく似合わないな、と思っていた服は思いきって断捨離しました!
自分の骨格スタイルをベースに考えると、似合うスタイルのコーディネイトを考えるのが断然楽になることがわかりました。参加者の皆さんにも日々のファッションをより楽しんでいただけたらいいなと思います。

眞壁 友香