Himemama×LAXIC 駐妻キャリア支援プロジェクトイベントレポートこれまでのHimemama×LAXIC 駐妻キャリア支援プロジェクト

レポート|CAREER MARK 「帰国後キャリアセミナー」3期第4回を行いました!

6月からスタートした帰国後キャリアセミナー3期。新型コロナウィルスの影響により全てオンラインに切り替えての実施でした。画面を通じてのコミュニケーションになりますが、回を重ねるごとに参加者のお二人とわたしたちスタッフとの距離が近づいているのを感じています。3期、最終回第4回のレポートになります。

第4回テーマは、【新しいキャリアを始めよう】

最終回の第4回目は、毎回ゲストをお招きしたトークショーを開催。
転職市場で駐妻が評価されるポイントや新しい働き方を発見し、新しい自分へのキャリアシフトの一歩を踏み出していきます。今回のトークイベントはオープンイベントとして開催。ブラジル・台湾・テキサス・ボストン・アラブ首長国連邦など世界中からご参加いただきました。

3期では、プロビティ・グローバルサーチ株式会社代表取締役 高藤悠子さんをゲストとしてお招きし、「もと駐在妻が知っておくべき転職市場の話」のトークイベントを行いました。

パートナーの海外勤務による離職経験を持ち、ご自身も海外で就労し、国内外でエグゼクティブ層を中心とした人材紹介を手掛ける高藤さんは、現在の転職市場を分析したうえで、「キャリアにブランクはない!」とはっきりと言い切ってくださいました。『駐在帯同期間=ブランク』という呪縛にとらわれてしまってりいるのはわたしたち駐在妻のほうかもしれない!?また、「駐在帯同期間をブランクですね、と発言するような企業はもう古いです!」という潔いコメントも!

駐在帯同経験が今の自分を大きく成長させてくれる素晴らしい機会であったことを気づかせてくれる、心にパワーがみなぎるようなお話をたくさんしていただきました。今回のトークショーはwebメディアLAXICが取材に入りライターさんがコラムとしてまとめてくださいましたので、ぜひこちらの記事をご覧ください。

キャリアにブランクなんてない!
子育てで身につけた人間スキルこそ“ニューノーマル”な社会への鍵

トークショー終了後は、帰国後セミナー参加者が4回を振り返り『自分軸』を言語化し、参加者同士でシェアをしました。お二人らしい言葉が堂々と紙に書かれていて、わたしたちスタッフも何度も頷いてしまいました。

毎回ご協力いただいているアンケートからは以下のようなコメントをいただけました。実は全ての回でお二人から10点満点をいただいておりました!嬉しすぎます!完全オンラインによる連続講座はわたしたちにとっての挑戦ではありましたが、このような評価をいただけて自信につながります。

☑自分自身のこれまでの経験や気持ちと徹底的に向き合い、参加者同士フィードバックし合ったり、キャリアカウンセラーの方や経営や採用に携わっている皆さんからのフィードバックがいただけ、自分では気づかなかったことも他者視点で見ていただくことができ、とても自信になりました。このような機会をありがとうございました。参加して良かったです!!

☑転職エージェントに登録して面談に行っても、ここまで時間をかけて深く自分の強みに向き合ってくれるエージェントはいないと思います。複数のキャリアコンサルタントの方や駐在妻経験者、経営者の方など様々な立場の人から数多くのフィードバックをいただける機会は他にはないのではと感じました。

3期からは新しい試みとして、後日、キャリアコンサルタントの林と小橋からこれまで4回通してスタッフが発見した強みやメッセージを込めた『強みシート』をお渡ししました。また、セミナーで一緒に作成をした職務経歴書を用い、企業へのご紹介もスタートしています。

オンライン部活動や職業紹介、その他スピンオフ企画が満載のキャリアマーク。参加者のお二人もわたしたちも「これからもどうぞよろしくお願いします」という言葉とともに3期を終了しました。帰国後セミナーをきっかけにいろんな場でご一緒できるのを楽しみにしています。

レポート:CAREER MARK 共同代表 鎌田薫