タイ子連れ旅レポ

タイ子連れ旅~プーケット*タイ航空出発編


 icon-plane 令和初の海外は、タイのリゾートへ

あー、旅に出たい!南国に行きたい!

ゴールデンウイークは人混みが嫌で国内をウロウロしていたけど
令和になって初の海外旅行は、こどもと一緒に楽しめるリゾートに行きたい。
どこかに出かけたい。。

思い立ったたら吉日!なワタクシ。
あれやこれやWebで検索していたら、タイ旅行専門のいいツアーサイトを見つけたので
ママ友と一緒に子連れタイ旅に行ってきました!

そのサイトは、こちら↓↓

ロイヤルオーキッドホリデイズさん。
いつもタイに出張に行く時は、直前だったり自由時間が全然なかったりで
ツアーで行くことがなかったのだけど、
ここのサイトの評判の良さは、旅慣れている友達から聴いていたので
ずーっと出張に行く度に気になっていたんですよね。

ツアーに参加したのは
ママ二人と3歳になったばかりのNICOちゃんと小学6年生のKくん。

 icon-plane タイ航空でいよいよ出発!

成田空港からタイ航空の飛行機に乗って、いざ出発!

エコノミークラスに乗りましたが、タイ航空のシートは割とゆったり目な印象。

普段、仕事でLCCに乗り慣れているせいかしら(笑)

飛行機にのったら、いよいよ旅のはじまりを実感してきたのか
3歳のNICOちゃんもこの笑顔。


 icon-plane 気になるアクティビティ&機内食は…

さっそくKくんも機内アクティビティをチェック。

タイ航空ではKIDS向けアクティビティメニューがあり、映画、ゲーム、テレビと充実しています。
日本人のこどもがよく知っているアニメなども放映されているので、飽きないです。

中でもKくんはアザラシのボールゲームに夢中になってました。

午前中出発の便だったので、そろそろお腹が空いたなーと思っていたら、ちょうど機内食のサービスが。

こどもたちにはキッズミール

果物や野菜、ナゲットなど、こどもが好きそうなものが多く
KくんもNICOちゃんもパクパク食べていました。

「ママ、これ美味しそう〜」ぱくっ

「おいちーい!!」

Kくんも「いいね!」

最高の笑顔をいただきました(≧▽≦)

ママたちは、まずはタイのシンハービールで乾杯!!

タイ到着に向けて、テンションがあがります♪

大人の機内食は、こんな感じ↓

メインプレートはちょっとスパイシーなポークソテーと青菜の炒め物
タイ料理っぽいナンプラーの風味もちょっと感じられて、ビールのいいおつまみでした。

お酒は、ビールの他に赤白のワインやウイスキーの炭酸割り(いわゆるハイボールですね)などもあり、ソフトドリンクも一通りの飲み物が揃っています。

普段、出張では飛行機の中は、食べたら寝るかパソコン仕事をしているのですが、今回はこどもたちも一緒のリゾート旅行だったので、白ワインを飲みながら映画観つつ、ウトウトと寛いでいました。

あー幸せ。。

そんなことしているうちに、あっという間にバンコクのスワンナプーム空港に到着。

 icon-plane スワンナプーム空港で、プーケット線へ乗り換え

ここからプーケットへ行くには国内線への乗り換えが必要です。
乗り換え用イミグレーションを通ってから国内線の場所へ向かいます。

スワンナプーム空港はとっても広いので、プーケットへの乗り換えの人が
間違えてバンコク入国用のイミグレーションに行ってしまう人もたまにいるようなのでご用心。
必ず【Transfer】の表示の方に進むようにしましょう。

成田からの出発が少し遅れたので、少しヒヤヒヤしましたが
無事、間に合いました〜

たまに乗り遅れることもあったりするそうですが
そんな時も、ロイヤルオーキッドホリデイズさんなら
日本語対応の緊急連絡先があるから安心。

慣れない海外の空港で、英語もカタコトしか話せなかったりすると
いざと言う時、日本語で質問できるところがあると、心強いですよね。

プーケット行きの飛行機でも軽い機内食が出ました。
キッズミールは、サンドウィッチとウォーター↓

大人用はパンが違う種類で、ツナサンドとポテトサラダでした。

バンコクからプーケットは1時間ちょっとなので、
あっという間についちゃいました。

「welcom PHUKET」の前で、パチリ↓↓↓

子連れ旅だったので、ツアー会社の方ができるだけこどもたちの負担が少ないように
フライトを組んでくれました。

私たちが実際に乗ったフライトはこちら↓

成田空港10:50発→バンコク着15:20 TG651便
バンコク16:45発→プーケット着18:05 TG217便

 icon-plane 機内で過ごす時間をこどももママもいかにハッピーにするか

子連れの海外旅行で一番心配なのは、
飛行機の中でこどもが長時間のフライトに耐えられるかどうか。

昔、私がKくんを連れて(2歳になる前)にハワイに行った時に、旅慣れているママに相談した時は

 icon-check-circle iPadにこどもが好きな番組やムービーを入れて持って行った
 icon-check-circle お気に入りの絵本や大好きなおやつを持って行った
 icon-check-circle ミニカーやお人形を多めに持っていった
 icon-check-circle 眠くなる風邪薬を飲ませたら、フライト中にはぐっすり眠ってくれた(これはあくまでも自己責任の範囲になりますが)
 icon-check-circle 乗る前に空港でたくさん遊ばせて、機内では眠たくなるようにした。

とか、ママも色々工夫&苦労している話を聴いていました。

そういう意味では、タイだとバンコク行きは6時間半くらいなので、ごはん食べて映画みたり遊んだりお昼寝していたら、結構あっという間でママもラクです。

これがヨーロッパとかアメリカで10時間以上のフライトになるとツライんですよね。

それと機内アクティビティが充実していることも大事。
今回はNICOちゃんが飽きないように、お人形やホワイトボードを持っていきました↓

歳は離れていても、二人とも楽しそうに遊んでいましたよ。

「ドラえもん描いてー」とNICOちゃんのリクエストに応えるKくん。

やっぱり座席も、1席ちゃんとこども用に席があるとラクですね。
ロイヤルオーキッドホリデイズさんだと、時期や条件によっては追加料金5000円~
2歳以下のお子さんも場合によってはお席が取れる場合もあるので
担当者の方に相談してみてくださいね。(確約はできませんが・・)

こんなな感じでスタートした子連れタイ旅。
ロイヤルオーキッドホリデイズさんでは、
タイ航空専属の旅行会社さんならではのお得なツアーがたくさん掲載されています。

 icon-plane お得な時期に行くのが断然安い!

特に6月7月の早い時期は、かなーりお得です。
同じツアー内容なのにハイシーズンとオフシーズンでは相当お値段が違います。
せっかく行くなら、お得な時に行った方がハイシーズンの差額分で、ご馳走食べたりオプショナルツアーに行ったりできるし、いいですよね。

小学生になると、学校が始まるとなかなか行けなくなるので、
お子さんが小さいうちに、できるだけオフシーズンを狙っていくのがおススメです。
(これ、私のリアルな実感です)

次回は素敵な滞在ホテルについて、リポートします。お楽しみに!